カート
ユーザー
絞り込む
商品を選ぶ
豆を選ぶ
  • ホーム
  • Think Our Earth ~僕たちに出来る事からはじめよう~
TOE2020
 
Think Our Earth 〜僕たちに出来る事からはじめよう〜
 

世界中で、地球にやさしく社会的責任を果たした農業への関心が高まる中、サステイナブル(持続可能性)の認証を受けたコーヒーへの需要は、急上昇しています。 専門的なコーヒー会社がこの動きをリードした結果、一般的な焙煎業者やスーパーマーケットもだんだんこのようなコーヒーを支持するようになりました。

自然環境や生産者の生活水準の悪化により、このままでは50年後にコーヒーの生産高は現在の40%まで落ち込むと言われています。
次の世代に安全でおいしいコーヒーを残すために、ヒロコーヒーはサステイナブルコーヒーにこだわり続けます。

 
『サステイナブルコーヒー』 〜地球環境を考えたコーヒー〜
サステイナブルコーヒーとは、コーヒーを生産する農園が環境に与える影響をできるだけ配慮し、自然と共存していくことができる農園で栽培されたコーヒーということです。

 ・ 日本オーガニック協会認証コーヒー
 ・ レインフォレストアライアンス認証コーヒー
 ・ HIROCERT認証農園コーヒー

オーガニック認証

レインフォレストアライアンス

HIROCERT

 

期間中(2020/09/01〜2020/10/31)に、上記カテゴリーの商品をお買い上げいただいた方には、次回のお買い物で使える
【200円OFFクーポン】をプレゼントいたします!

※クーポンの取得には会員登録が必要です。
※クーポンプレゼントは期間中お一人様1回のみとさせていただきます。
※クーポンは10/1以降、順次メールにて配布いたします。

 
- ピックアップ農園-

コスタリカ・アキアレス農園

首都SanJoseから南東に1.5時間の場所に位置する、カルタゴ州トリアルバ アキアレス地区にある農園です。

1920年よりコーヒー生産が開始された農地を、現オーナーで農園管理者であるAlfonso Robelo氏が知人と共同出資の形で1971年に購入しました。 標高は900〜1,400mと、トリアルバ火山の裾野にコーヒー生産地が広がります。 総面積924haのうち、コーヒー栽培は660ha分です。
年間約1,000トン程度の安定生産量があります。
生産量の90%はメインストリームとしてコンテナ単位で販売されます。

日本向けには、標高1,200m以上の区画でとれる原料のみでロットを構成し、伝統的なフルウォッシュ製法となります。
この農園の最大の特徴は、なんと言っても規模です。
単一農園としてはコスタリカ最大です。

詳しくはこちら(ヒロコーヒー公式サイト)

▼▼ コスタリカ・アキアレス農園のコーヒー ▼▼

 
 

コロンビア農園

コロンビア北部サンタンデール州にあるメサデロスサントス農園 コロンビアの首都ボゴダから飛行機で北部の町ブカラマンガへ、空港から約2時間で切り立った台地サンギル地区にメサデロスサントス農園があります。

この農園の特徴は何と言っても、多くの環境認証を取得していることである。 バードフレンドリー認証、レインフォレスト認証、usdaオーガニック認証、JASオーガニック認証4つの認証を得、森林環境保護と良質のコーヒーを生産する理想の農園です。 最近はエコツーリズムにこたえるため、ゲストハウスやレストランも充実、コーヒー関係者だけではなく、多くの人たちがこの農園を訪れるようになっているようです。 コロンビア国内のスペシャルティコーヒー生産の模範農園として、大統領も訪問歴があり、SCAA からもスペシャルティコーヒーの営農方法についてセミナーも開かれています。

詳しくはこちら(ヒロコーヒー公式サイト)

▼▼ コロンビア・メサデサントス農園のコーヒー ▼▼