カート
ユーザー
絞り込む
商品を選ぶ
豆を選ぶ
アナエロビック・メサデサントス 100g (中煎り)
700円(税込756円) 〜
7 ポイント還元
各オプションの詳細情報
挽き方
容量
購入数

anaerobic-columbia-100
アナエロビック・メサデサントス 100g (中煎り)
新しい発酵プロセスで、より豆の個性を

国内で専用のラボを持ち、様々な品種改良や精製工程の改良を独自に行ってきたメサデサントス(メサデ・ロス・サントス農園)でも早くからアナエロビック・メソッドに取り組んでおり、今シーズンから本格的な生産に入りました。
ウォーターメロンやフィグの様な特徴が際立ったカップ。チョコレートやアーモンドの様な風味が長く続きます。

「アナエロビック・ファーメンテーション(嫌気性発酵)」とはコーヒー豆の精製過程での発酵プロセスのことです。 密閉して空気に触れさせない嫌気性発酵は、より豆の個性を出し風味特性が感じられるようになります。

嫌気性発酵工程:やや過熟ぎみのチェリーを収穫し、バルブ付きのタンクに入れ、72時間嫌気性発酵さ せます。72時間の発酵中に発生した液体をタンク内で循環させチェリーと微生物をまんべんなく接触させ 適切な発酵を促進させます。その後タンクから取り出し、天日干しにて乾燥します。




◾️風味特性
フレーバー:ウォーターメロン、フィグ、ミント
酸味:ウォーターメロン、フィグ、ミント
アフターテイスト:ウォーターメロン、フィグ、ミント

◾️焙煎度:中煎り

◾️アナエロビック・ファーメンテーション(嫌気性発酵)について:詳しくはこちら

◾️農園情報詳しくはこちら



道路に佇むコーヒー農園への案内の看板です
アナエロビック・ファーメンテーション(嫌気性発酵)によって、より風味豊かに


コーヒー栽培作業をしています
雲の上に広がる高地で行われる有機農法


緑が広がるコーヒー農園の風景です
樹齢不明の大木の裾で育む自然農法


農園紹介動画

コーヒーウェビナー動画


ヒロコーヒー認証コーヒー農園「ヒロサート」紹介画像
こちらの農園は「ヒロサート」認証農園です。

ヒロサートとは・・・
「人と自然が生み出した奇跡の農産物が、変わらず世界で愛され続ける様に活動する事」が我々の最重要ミッションである事を、生産者と共に20個の評価項目を通じて遵守する活動のこと。
詳しくはこちらをご覧ください。




コロンビア サンタンデール州 サンギル地区にあるEl Roble農園(通称メサデ(ロス)サントス農園)。 メサデ(ロス)サントスとは現地語で「聖なる机」。 切り立った峡谷の中に台地状に広がる特殊なこの地区の形状を表している。 事実、私達が訪問した際も、雲を突き抜ける様に車で一気に1000m以上を上ると目の前に突然、荘厳な森が広がった。 雲上の世界、メサデ(ロス)サントス農園があるのはそんな場所だ。

この地域は年間降雨量950mmと圧倒的に少雨地帯でありそもそもコーヒーを生育するには絶対数が不足していた。 その為圃場が乾燥してしまうのを防ぐためシェードツリーを植える方法が旧来より行われており、その栽培方法とサステイナブルコーヒーとしてのシェイドグロウンの考え方が多方面に情報網を持つオズワルド氏と早くからつながり他農園に先じて複数認証を得る結果につながっている。

オーガニック栽培を行う上で最も神経を使うのが害中対策だ。 コーヒーの実を食い荒らす天敵「ブロッカ」。この害虫対策として、案内されたのはなぜかハーブ畑。 虫の付いた実とこのハーブをブレンドして菌糸類を発生させて原液を作り、それをスプレーするという非常にオーガニックな手法を採用している。

詳しくはこちら



【生産国】コロンビア
【地域】サンタンデール州 サンギル地区
【農園名】メサデ・ロス・サントス農園
【生産者】オズワルド・アセベド
【品種】ブルボン
【標高】1650m
【精製】ウォッシュ
【乾燥】天日、機械
【ロースト】中煎り
【認証】オーガニック(有機JAS)


この商品を購入する